お稽古の内容

週稽古(月三回)

全く初めての方から教授者まで一人一人に合わせたお点前の個別指導です。季節に合わせたおいしいお菓子を頂きながらの和やかな会話を通じての”癒し”と”潤い”の時間の中で、いつの間にか所作(立居振舞)の基本や敬語の使い方が身につき、”知識”と”教養”も磨かれます。

第一、二、三火曜日午前十時~、 午後ニ時~
第一、二、三水曜日午前十時~、 午後ニ時~
第一、二、三木曜日午前十時~、 午後ニ時~
第一、二、三土曜日午前十時~、 午後ニ時~
第一、二、三日曜日午前十時~、 午後ニ時~

※ 上記日程の中から、ご希望の曜日・時間帯をお選びください。
※ 振替稽古もできます。
※ 祝祭日もお稽古をいたします。
※ 教授者対象の特別クラスがあります。
※ 台天目以上取得者対象の準特別クラスがあります。

七事式教室(年六回)(二月、四月、六月、八月、十月、十二月 月曜特別クラス(上級者対象)、土曜クラス、日曜クラスがあります)

お点前のお稽古が進んでいきますと、どうしても途中で”中だるみ”の時期が来ます。そのような頃に始める”ピリッ”と効いた一味違うお稽古です。頭の中はフル回転で集中力が養われます。七種類の項目があり、日頃のお稽古のさらなる修練の意味をもちます。

茶事教室

茶事に招かれた時の客としての心得・作法、茶事を催す時の 準備・進行・片付け方など、東・半東・正客・お詰と呼ばれるお役を務めながら繰返しの実践を通して勉強できます。”日常の全てのお稽古は茶事をするためにある”と言われるくらい、お茶のお稽古の集大成です。懐石料理を頂きながらのお稽古であり、”週稽古””七事式”で身につけ覚えたことがあらゆる場面で役立ちます。さらに、お点前のお稽古だけでは学ぶことができない露地(茶庭)、つくばい(手、口を清める所)での作法なども学べます。初心者から上級者まで、またとない勉強の場となります。

五月初風炉
七月朝茶
十月名残
十一月口切
十二月夜咄

※ 他の月は、炉・風炉の正午の茶事を行います。
※ 一月は「初釜」を本懐石で行います。